Webサイト制作

ホームページ作成もおまかせください。印刷物との連動など、各種ご提案もいたします。

魅力や強みの明確化・再定義

タクトシステムでは単にWebサイトを作成するのではなく、サイトで訴求するべき魅力や強みの明確化・再定義を行います。その上で的確な情報設計とユーザーへ強く訴えるデザイン力で、Webサイトを構築いたします。

ご提案から、制作、運用までワンストップ

プランナーが作成した戦略を元に、ユーザーへ訴求するビジュアルデザイン、SEOを意識したコーディング、Webサイトの運用までタクトシステムがワンストップで対応し、お客様の目的を達成いたします。

ARや電子カタログとの連動も可能です

WebサイトのコンテンツにARや電子カタログを連動させることで、ユーザーニーズにマッチした魅力的なWebサービスをご提供いたします。

制作フロー

現状分析

すべては現状分析から始まります

現状分析からお客様の位置づけ、現在の状況などを調査します。お客様と一緒にディスカッションし、ワークショップやアンケートを行うことでWebサイトの方向性を創造する戦略フェーズを作成し、制作に携わる全員の意思統一を図ります。大規模サイトから、1ページのランディングページまですべてにおいて「現状分析→企画→設計→制作」の流れでサイトを作成いたします。

コンセプト

現状分析を踏まえWebサイトの方向性を創造

現状分析を元にお客様とプランナーが、一緒にサイトのコンセプトや方向性を決め、作業を進めていきます。最初にコンセプトを決めることで、サイト制作時に迷いが生じたときに問題点の解決策や、サイト制作に携わる者同士の合意を得やすくなります。作成するサイトは、どんな人に向けて作るのか? どんな人に来てもらいたいのか? といった目的や集客するターゲットを明確にすることで、その達成のための具体的な企画立案がしやすくなります。

内容の決定

コンテンツの内容、デザインの方向性、プログラムの必要性の決定

コンテンツの内容の決定後、ハイレベルサイトマップを作成することでサイト全体の大枠を俯瞰できるようになります。その後、ワイヤーフレームの「どこになにを」配置するかを元に、どのようなデザインにするか、どのような使い方のページにするかを決めていきます。デザインと同時に、コンテンツのページ数やプログラム実装の必要性なども検討します。

Web化

HTML制作、動的プログラムの実装

デザイン、素材を元に、コンテンツ内容をWeb化します。スケジュール作成時に複数のマイルストーンを設定し、HTML制作作業に段階を設けることで、検証の遅れや作業の後戻りを軽減し、スムーズに進行できます。テストサーバーでプログラムの動作やコンテンツに問題点がないことが確認できたら、Webサイトをプレオープンいたします。

公開と保守

サイトの公開と保守

本サイト公開前に、検索エンジン側によるルールを意識したSEO対策や、集客に効果のあるリスティング広告なども事前に設定いたします。本番環境で公開された後はWebサイトの状態に問題がないかを確認し、保守作業の必要性があれば対応いたします。Googleアナリティクスによるアクセス解析等を元に、「Plan(計画)」「 Do(実行)」「 Check(評価)」「 Act(改善)」のPDCAサイクルを組み立て、サイトのさらなる改善をご提案させていただきます。