RPA

ロボットによる業務の自動化でコスト削減、生産性向上、品質向上を実現

RPAとは

ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation, RPA)の略。主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みのこと。複数のアプリケーションを連携して操作したり、表示した画面の内容を確認して入力するなど、今まで人間でないとできないと思われた作業をロボットが代行します。

なぜRPA!?

キーボードやマウスの操作そのものを自動化することにより、既存システムに大きな影響を与えず、そのまま活用することが可能であることや、多様なアプリケーションにまたがる業務を自動実行できる。これがRPAの特徴です。

タクトシステムのRPA

タクトシステム・クラウドサービスが目指す新しいあたりまえは、RPAやスクリプト開発で、手作業プロセスの自動化(効率と品質)と、各作業プロセスをつなぐ工程管理(ワークフロー、見える化)

RPA導入のメリット

winactorイメージ
コスト削減

いままで複数の社員が行っていた作業も、RPAなら1台だけでしかも短時間で処理することができます。これによりもっともメリットができるのが人件費の減少によるコスト削減です。
RPAの導入と維持にかかるコストは、作業者一人を雇用するより遙かに低いため、高い費用対効果が期待できるでしょう。

winactorイメージ
作業効率アップ

RPAでの処理が可能な業務であれば、その処理速度が速くなるのはもちろんのこと、夜間や休日に処理することも可能になります。
これにより、作業効率がアップしたり、業務全体の対応速度をアップさせることが可能です。

winactorイメージ
クオリティアップ

RPAはプログラムされたことを的確に、間違うことなく処理します。イレギュラーに対応できずにストップする場合はありますが、人間が処理していた場合のケアレスミスのようなことは起こりません。

RPAの効果

540分がたった35分!

データの確認から作成、その後データの各社分の仕分作業まで完全自動化することで
手作業で1日かかる作業を35分に短縮。

750分/月が125分/月!ミス0.3%が0%へ!

人が手作業で行う煩雑な作業工程を自動化することにより、作業時間の短縮および人為的ミス0%に。

RPAの特徴

  • キーボード・マウス操作を自動化
  • 画面上の文字を判別して取り込み
  • アプリケーションを起動、終了
  • アプリ間のデータの受け渡し
  • 指定した日時に自動実行
  • カスタマイズが簡単
  • 離れたところからの遠隔操作
  • エラー処理など条件分岐が可能

動作環境(Winactor)

対応OS Windows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10, Windows Server 2016
 
※Mac環境の場合はApplescript開発にてご相談を承ります。紹介ページは以下のボタンをクリック。

Applescript開発