環境対策に関する取り組み

環境対策に関する取り組み

地球温暖化をはじめ、環境問題に対する意識が国際的に高まっています。「持続可能な開発目標(SDGs)」や「パリ協定」といった国際的な枠組みが合意となり、世界共通の課題として企業が果たす役割も年々増しています。

日本においては成長戦略として、環境と経済の好循環の実現に向けた「グリーン」(環境対策)が重要な要素となっており、今後は大企業だけでなくすべての企業において、環境対策は成長のために必要であるといえます。

私たちフォーバルグループにおいても環境対策はビジネスを継続する上で重要な課題と認識し、環境対策に関する取り組みを推進するため、「環境対策に関する方針」を策定しました。

DX化推進によるGXの促進

生産性向上やデジタル化に向けて、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)化推進は経営の重要課題です。さらに、加速する気候変動やその影響に対応するためグリーントランスフォーメーション(GX)の必要性も高まっています。

このGXによる脱炭素社会の実現にはデジタル化が必須であると考えられており、DX化推進は不可避な状況です。DXとGXは車の両輪であり、DX化推進によりGXも促進されるといえるでしょう。

当社では、当社の商品・技術・サービスを活用したお客様へのDX化推進の支援を通してGX化についても積極的に働きかけるとともに、私たちフォーバルグループも一丸となって地球温暖化対策に取り組んでいきます。

環境対策に関する方針

当社はフォーバルグループの社是に基づき、地球全体の環境改善を目的として、地球温暖化対策に取り組みます。

1.当社は、すべての事業活動を通じて発生する温室効果ガスの削減を心がけ、地球環境の改善に取り組みます。

2.当社ならびにフォーバルグループのすべてのステークホルダーと共に、地球環境の保全に貢献する商品・サービスの開発や提供を行い、継続的な社会価値の創出を目指します。

環境対策を通じたSDGs達成への貢献

私たちの関係するすべての方々に「幸せを分配する」というフォーバルグループの社是は、「持続可能な開発目標(SDGs)」の理念と一致しているものと考えています。そのSDGsの達成のために、環境対策は重要な課題と位置付けられています。

私たちはすべてのステークホルダーと共に環境対策への取り組みを推進することで、関係するすべての社員・家族・顧客・株主・取引先の方々への「幸せの分配」につながり、さらにはSDGs達成に貢献するものと考えています。

※SDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)とは、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」を掲げた、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

■当社の取り組み

  • ・働き方改革に伴うオフィスの省エネ推進
  • ・社員に対する環境対策教育の実施
  • ・環境対策推進のためのグループ会社を横断した施策推進
  • ・DX化推進によるお客様への業務効率化、GX化の支援