カタログにおける校閲・校正とは。

こんにちは。
営業担当のKです。

前回に引き続き、カタログをつくるのは“はじめて”という方向けに、
今回は、カタログの「校閲」について書きたいと思います。
修正の指示を出したのに直ってこない(直しモレが多い)、というお話を
聞く機会は多くあります。原因をキチンと把握して対策を考えていきましょう。

●校閲ってなに?校正と何が違うの?

 似たような言葉で、「校閲」と「校正」という言葉があります。ちょっとだけ意味が違いますので使い方には注意が必要です。

校閲 原稿の中身を読んで、その意味や内容などをチェックして不備を正すこと。
校正 原稿の中身は読まないけれど、指示通りに紙面が作成されているかをチェックし、不備があれば正すこと。

※言葉の定義は人によってマチマチなところがあります。厳密に「校閲」と「校正」を使い分ける場合には、注意が必要です。

●カタログをつくる場合の校閲とは?

校正でのパタパタ作業

 カタログをつくる場合の校閲の目的は、主に指示原稿を読み込み、整合をとることにあります。
カタログには品名・品番・価格など、一文字の見落としも許されないものがたくさん掲載されます。さらに、この品名・品番・価格などの情報は商品情報ページ以外にも複数個所に記載されていたりなどします。例えば、前半の特集ページに新商品情報を掲載し、詳細を商品情報ページに掲載したりなど、といった場合ですね。他にも、目次、比較一覧表示、索引などといった形で情報を加工して掲載する場合もあります。
ページ数量が増えるほどに複雑になりますが、ある一か所の品番が変更されると、他にも直さなければならない個所が複数でてくることは、よくあります。校閲といった場合には、そのような複数個所の直し内容を整理しながら、カタログを仕上げていくことを指します。

●「直しモレが多い!」はなぜ起こるのか?

 「直しモレが多い!」というお話は非常によく聞きます。
なぜ「直しモレ」が起こるのか、というと手作業で行ったことに対してキチンとチェックをしていないから、というただそれだけの話。ここで登場するのが、「校閲」と「校正」です。

 以下に、A・B・Cの3パターンを見てみましょう。

A B C
作業フロー 修正指示原稿

デザイナー・
オペレータ作業



修正PDF提出
修正指示原稿

デザイナー・
オペレータ作業

「校正チェック」

修正PDF提出
修正指示原稿

デザイナー・
オペレータ作業

「校閲チェック」

修正PDF提出
結果 直しモレが多い 直しモレが少ない 直しモレが少ないうえに、
指示内容の整合性を
チェックしてもらえる
作業時間 短い やや長い 長い

手作業で行ったことを、そのあとに別の者がチェックするかしないか、で直しモレ頻度はやはり大きく変わります。校閲チェックが入れば、その指示が正しいかどうかまでチェックすることが可能です。ただ、その分どうしても作業時間が長くなってしまいます。
何を優先するかは状況にもよりますので、最適なチェック体制を依頼するようにしましょう。