画像加工

媒体の特性を理解した画像加工技術で、コンテンツ制作を強力にサポート

第一印象へのこだわり

ランディングページにおけるファーストビューの大切さはいうまでもありませんが、コンテンツへの第一印象を決めるのはやはり、画像ではないでしょうか。
ときに、文字よりも多くの情報を一瞬で届けてしまうことのできるメディアだからこそ、一枚一枚の画像加工に真剣に向き合います。

媒体特性にあわせた
カラーマネジメント

媒体特性やデバイスに応じて 『 色 』 を管理することは、とても大切です。ホームページではキレイに見えた青空の写真を印刷したら、くすんで見えたなんてことはありませんか?
色を管理することは、ブランドを管理することとほぼ同義ととらえ、誰の目にもやさしい色彩管理に努めています。

画像加工の細部に活きる気配り

加工作業は一枚一枚、オーダーに想像力をぶつけながら、試行錯誤で行います。
写真に写っている状況から、写っていない場面を想像して、その状況を再現していかなくてはなりません。この物体を消した場合に影響が出る範囲はどこか、など細部への気配りをもって仕上げます。

いろいろな画像加工

3Dオブジェクト


壁面の材質の変更



初夏を晩秋へ



色被りの修正





本物らしさ

素材や質感を確認するために、現物をとりよせたり、現場に行ったりなどして、媒体を通じて伝えたいイメージを確認します。現物通りに仕上げることよりも、媒体をご覧になった方がどのような印象を持つか、を再現のポイントに置いて、画像加工を行います。

仕上がり確認

印刷物であれば印刷に立ち会い、Webサイトであれば公開直後に画像の仕上がりを確認します。
デザイン配置などにより、周りの色の影響を受ける場合には即座に対応します。