MacminiのHDDをSSDに交換

弊社ではDTPに使用するMacminiはすべてHDDではなくSSDに変更しています。Late2014からはPCIe搭載モデルになったので、予算が許せばはじめからSSDを選択していますが、そうでなければHDDで購入し、後から別購入のSSDに交換しています。

交換方法はいろんなサイトで公開されていますが、いちおう簡単に解説します。

用意するのは
・トルクスドライバー T6 T8
・ピンセット(できれば木製とか竹製)
・エアダスター(ホコリが入っていたとき用)
・落ち着いてとりかかれる時間
で大丈夫です。

macminissd

開けたら赤丸部分のネジをトルクスドライバーをつかって外します。

macminissd2

ファンが外せるので、コネクタをマザーボードから外しつつ、取り出します。

macminissd3

ファンを取り出したら赤丸部分、青丸部分のネジをはずします。すべてとったら1の整流版を横に引っ張って外し、その後、Wifi部分を少し下にずらした後、真上に引っ張ります。

macminissd4

Wifi部分は線が1つつながっていますので、赤丸部分を真上に引っ張って外します。
そのあとHDDがマザーボードにつながっているコネクタを、上にめくるようにして外しておきます。

macminissd5

これでHDDが取り出せる状態になったので、手前にずらしつつ引っ張り出します。

macminissd6

取り出したHDDからコネクタとネジを外し

macminissd7

交換用のSSDに取り付けます。(ネジを付け忘れないように)

macminissd9

SSDを戻す際は、マザーボードごと全体をすこし引っ張り出しておくと、戻しやすいです。矢印の箇所を親指で押し出すようにするとずらせます(ちょっと固いです)。この際、写真3枚目の青丸部分のネジを外し忘れていると、絶対にずれませんので注意!

macminissd8

戻す時は赤丸部分にSSDのネジが引っかかる(差し込まれる)ようにして戻します。

macminissd10

うまく引っかかったらマザーボードを元に戻し、SSDについたコネクタもとに戻します。

あとは全体を元にもどして終了です。

SATA上でのSSDの速度はHDDにくらべて3倍ほど早いので、起動時間はもとよりDTP作業でも速度アップの恩恵をかなり受けることが出来ます。
なれれば交換作業は30分もかかりませんので、是非挑戦してみてください。