カタログづくりに関わる人たち。

こんにちは。
営業担当のKです。

前回に引き続き、カタログをつくるのははじめて、という方に向けてカタログづくりに関わる人たちをご紹介します。
案件によりけりで兼務する場合もありますが、それぞれのスタッフの役割と専門性をごくごくカンタンにご案内していきます。

●プランナー

お客様の“課題”に向き合う専門職。

お客様が真に解決するべき問題とは何かを考え、その課題解決に向けた全体的な道筋を設計します。

●コピーライター

言葉の練度にこだわる“文字”の総責任者。

言葉のリズムや言い回しを練り込み、キャッチコピーだけでなく、誌面全体の文字量を調整し、伝えたい内容だけを伝えられる言葉を紡ぎます

●カメラマン

空気感まで伝える商品・サービスのビジュアル作成技師。

写真素材はカタログ制作のカナメ。撮影のために必要なスタジオを探したり、部材をそろえたりなど、撮影に至るすべてに関わります。

●アートディレクター

誌面のすべてを統括する総監督。

表紙からはじまり、目次、前付け、本文を通じて、全体の構成とバランスを考えて、クオリティ管理をおこないます。

●デザイナー

意思ある誌面を具現化する表現者。

文字サイズ・フォント、色彩、画像データを組み合わせて、伝えたい内容がしっかり伝わるデザインを仕上げます。

●DTPオペレーター

誌面データ作成のスペシャリスト。

ルールに従った正しい誌面データを作成することで事故を防ぎ、手順を明確にすることで更新・運用しやすいデータを作成します。

●画像加工オペレーター

画像・色彩管理のプロフェッショナル。

カタログ誌面に掲載されるあらゆる画像の色彩を管理。商品画像を、WEB掲載用に加工したりなど、カラーマネジメントに精通しています。

●校閲スタッフ

デジタル・アナログ両方の目を持つ最後の番人。

一人では目が行き届かないカタログ上の不備やヒューマンエラーを、デジタルチェック、アオリ検版などの技を駆使して確認します。

●翻訳スタッフ

外国語版カタログ制作のメインスタッフ。

専門用語の翻訳から、ネイティブチェックまで、商品と販売地域の実情にあわせたスタッフィングがカギとなります。

他にも、イラストレーター、CGクリエイター、フードコーディネーター、映像制作スタッフなどなど、ケースバイケースで多くの人が関わります。また、それぞれが専門知識を必要とし、プロの技術があります。
カタログを1冊仕上げるには、多くの人たちがチームを組んで仕事をすることがほとんどです。だからこそ、最初に方向性を決めることが大切!なんですね。