はじめてのカタログ制作フロー

こんにちは。
営業担当のKです。

アクセス解析とSEOの効果もあり「カタログ 制作」などで検索していただくと当社のホームページが上位に表示されることもあってか、新しいカタログを作りたい、というお問い合わせを多くいただくようになりました。
ただ、カタログを作ったことがある方ばかりではなく、初めて作ることになった方からのお問い合わせも多くいただきます。

今回はそんな、初めてカタログを作る方のために、カタログ制作のフローをご紹介。

●カタログ制作のフローと全体像●

カタログ制作のフローと全体像

① 企画・構成の検討期間(原稿整理期間)

<期間:約1~2ヵ月>

まずは、カタログ制作の方向性を固めていきます。

最初に、カタログの果たす役割を決めて、ターゲットとなるユーザーを明確にします。ターゲットの年齢層、男女のほかに、利用シーンなどの想定も必要です。その上で、ターゲットに“刺さるメッセージ”や色彩のトーン、全体のコンセプトを決めていきます。“決める”にあたっては、誰が最終的に決定するのか、が非常に大事です。
社長なのか、営業部なのか、開発部なのか、はたまた広報部なのか、などなど組織によっても変わってきます。
何事も段取り八分。誰が最終決定するかを最初に決めておくと、スムーズに進行します。

その後、誌面の全体的な構成を決めていきます。
・エンドユーザーにとってわかりやすいカタログにするにはどうすればよいか?
・1ページにどれくらいの商品点数を掲載するのか?
・商品撮影はいつごろに行うのか?
などなど、紙面作りの大まかな方向性を固めつつ、全体の予算とスケジュールを調整していきます。
また、同時進行で制作に必要な原稿の整理も進めていきます。

② 誌面デザイン期間

<期間:約1ヵ月>

全体の構成・予算が固まり、原稿がある程度揃ったら、誌面デザインを進めます。

全体のコンセプトに基づいて、表紙デザインと誌面のデザインを作成していきます。
誌面のデザインは、最初に決めた目的を果たすためにはという視点がもっとも大切です。社長や担当者の方のデザインの好みやこだわりも大切ですが、“目的を果たす”誌面とはどういうものか、をデザイナーといっしょに考えていただけたらと思います。
また、初めて作成する上でも、カタログを改訂したい、と思ったときのための汎用性をもったデザインを考える必要があります。

③ DTP データ作成期間(初校、再校、念校)

<約1~2ヵ月>

デザインが固まり、原稿が揃った後、DTP編集作業を進めます。
ページ数が多い場合には、五月雨式にブロック毎で作成・出稿していくことになります。2~3週間の間隔でブロック毎に作成→出稿→校正→お戻しというサイクルを続けていきます。
商品撮影やイラスト作成などが必要な場合には、この期間で素材制作を進めます。

④ データ入稿~色校正ご確認期間

<約1ヵ月>

校正を経て紙面が固まったら、印刷所にデータを入稿します。
色校正をご提出しますので、色味の確認と内容の最終確認をお願い致します。
色校正は、本機校正、本紙校正、簡易校正など、複数の種類があります。当初の予算とどれくらい色味にこだわるか、によって必要な校正方法を選びます。

⑤ 校了~印刷期間

<約1ヵ月>

色校正をご確認いただいた後、色味や内容の最終修正作業を行います。
その仕上がりをご確認いただき、校了になりましたら印刷工程へと移ります。
最後まで色味が心配、という場合には、印刷現場に立ち会い、仕上がりの確認を行う場合があります。

※上記の期間は想定です。
各工程の期間は仕様等によって大きく変わりますので、あくまで目安です。