パンフレット制作

「手に取りたくなる、持っておきたくなる」を実現するアイデア

ビジュアル制作

綿密なヒアリングを通して、お客様の商品・サービスに対する想いをマーケティング的視点からコンセプトに落とし込み、それに沿って全体デザインの核となるキービジュアルを制作いたします。

紙質・形状の提案

商品やサービスの魅力を最大限に引き出すため、グラフィックやレイアウトのデザインだけでなく、紙質や形状といったツールの根本的な形態から考えます。紙面のデザインと表面加工・形状加工の組み合わせによる多彩な表現が、一味違った訴求を可能にします。

柔軟なディレクション

実制作ではデザイン制作はもちろん、撮影やコピーライティング、さらに他媒体への展開までを見据えてディレクターが全体を統括。商品仕様や会社方針の変化に応じたスケジュール調整、制作フロー・デザインの変更など、お客様のご希望に合わせた進行でご満足のいく成果物をご提供いたします。

制作フロー

企画

パンフレット制作のヒアリング

きめ細かいヒアリングがスタート地点

「どんな人にその商品・サービスを届けたいか」「どんな場面でその商品・サービスを使ってほしいか」といった情報のヒアリングからパンフレット作りはスタートします。お客様と打合せをさせていただくのは、さまざまな業種の販促ツール制作に携わった経験豊かなプランナーやディレクター。それまで表面化していなかった販促の課題を洗い出し、パンフレットの方向性を定めます。話し合いの中から、お客様自身も気づいていなかった商品・サービスの意外な特長や魅力が見つかり、制作の大きなヒントになることもあります。

ご提案

パンフレット制作の柱となるコンセプト

キービジュアル制作・ラフご提案

打合せで得られたさまざまな情報を、パンフレット制作の柱となるコンセプトとして数行のセンテンスにまとめ、それらを表すイメージや趣意とともに企画書として提出いたします。私たちは、建築物と同じように、コンセプトというデザインの土台を作ることを最も大切にしています。お客様のご希望と弊社の考えに相違がある場合は、多少時間はかかってもこの段階で入念に擦りあわせを行い、「土台固め」をします。ここでコンセンサスを取って方向性をしっかり定めておかないと、情報をあれこれ詰め込みすぎて効果的な訴求ができないパンフレットになる恐れがあります。お客様の想いやアイデアをより効果的に反映するため、ご提案へのフィードバックをいただきながら意識の共有化を図ります。

スタッフィング

様々な専門スタッフ

撮影・ライティング・翻訳・イラスト制作

ロケやスタジオ撮影、ライターによるコピーライティング、外国語への翻訳、プロのイラストレーターによるイラスト制作など、担当ディレクターが社内外のリソースの手配を一手に引き受け、管理します。あれこれ別々に発注する手間がなく、全体を統括する人間が進行・調整役となるので、お客様のご希望を反映したスムーズでストレスのない進行が可能です。

実制作

パンフレット制作に必要なデザイン

デザイン・校正・校閲

コンセプトとキービジュアル、お客様からいただく情報をもとに紙面の実制作を進めていきます。通常、2~3回のお客様校正を経て色校正・ご納品へ至ります。ブランドルールやVIのレギュレーション、煩雑な赤字原稿がある場合も校正・校閲の専任スタッフが随時照らし合わせてチェックします。地味ではありますが、パンフレットの完成度を高める重要な仕事です。提示されたルールやご指示と内容の照合のみならず、日本語表現としての適切さや事実関係までチェックします。ユーザーからの信頼を獲得する高品質なコンテンツ制作には欠かせない作業です。

出力・印刷

厳しい色校正から印刷まで

製版・印刷

パンフレットの内容が固まった後は、弊社プリプレス担当者が印刷物の品質を管理いたします。色校正(インクジェット紙または本紙校正)で発色や仕上がりイメージをご確認いただいてから印刷工程へ進むのが一般的な流れです。食品やアパレルなど、色にシビアな案件実績を多数持つ専任スタッフが色調を補正・管理し、場合によっては印刷現場への立会いを通して品質を厳しくチェックします。

パンフレット完成