データベース構築

多メディア展開・情報共有・スケーラビリティへの応用力

多メディア展開

カタログ制作からデータベース構築、さらにWebへの応用ができます。Web以外にもさまざまな媒体に同じ情報を展開できます。カタログは最新なのにWebは古く不正確ということもなくします。

情報共有

商品情報がデータベースにより一元化されると情報の共有が簡単になります。離れた場所にいても最新の情報を閲覧・共有できますし、営業担当者が社内資料や販促資料を作るときにも役立ちます。

スケーラビリティ

一人で使う小さなデータベースから複数の事業所で共有する大きなデータベースまで。お客様の規模と予算にマッチしたシステムをご提案いたします。

私たちのデータベースの取り組み

事例

急な価格改定に対応

データベースから自動組版したカタログの仕上げ作業中に、価格改定が決まったことがあります。制作中のカタログ編集データから商品コード・型番・価格・ページ番号を抽出し、価格改定作業のためのデータベースを新規に作成しました。このデータベースをお客様と作業者で共有し、旧価格と新価格の関連付けを完成させました。最後は当社開発のスクリプトを使い、一括処理で新価格へと更新。データベースのノウハウを活かすことで急遽発生した価格変更に対応できました。

事例

Web入稿システムの構築

カタログ頒布店の名入れサービスのための原稿を受け付ける、 Web 入稿システムを構築運用しました。約200ある店舗それぞれの担当者様に、Webのフォームから原稿を入力していただきました。データベースに直接登録されるため、とりまとめ担当者の負荷はシステム構築前に比べて大幅に軽減しました。

事例

カタログ制作

カタログ制作の効率改善

カタログ掲載用の品番、価格、スペック情報が別々のデータとして支給されました。当社でそれらを結合し、一目で商品コマが見られるデータベースレイアウトを作成しました。お客様に納品するデータベースではありませんが、当社内部での作業用として活用し、作業時間短縮につなげました。