2021.05.31 MonNEW

動画制作

絵コンテ、重要です。

#絵コンテ, #構成案, #コミュニケーション, #映像, #動画, #デザイン, #5G, #動画制作

author:遠山

こんにちは!営業の遠山です。

そろそろ関東圏も梅雨入りか!?
と思わせるような気候が続いておりますが、
天気がイマイチな日はご自宅で動画を見て
のんびり過ごす、なんて時間も増えてくるのではないでしょうか。

雨の日はのんびり動画時間…

 

本ブログでも以前お伝えしている事ですが、
とある調査によると、静止画の広告に対して
動画の広告を用いた場合の消費者利用意欲は
7倍になるらしいです!

梅雨入りで今以上におうち時間が増えると、
更に動画を見る時間が増え、
消費者の利用意欲がより高まるのでは!?

という事は今が動画を作成・活用していくチャンス!!
ご相談は是非タクトシステムの動画制作まで。

ご相談はこちらをクリック!

さて、そんな動画制作の進行フローについては
過去のブログでもお伝えしてきたかと思いますが、
フローの中でも特に重要な絵コンテ(構成案)の作成について、
本日は少しお話をさせて頂きます。

突然ですがここでクイズです!
絵コンテの「コンテ」とは何を指しているでしょうか?

コンテ・・・ンポラリー?
  コン・・・ティジェンシー??
      コ・・・ンティニュー???

 

・・・最後の方、惜しい!

正解はコンティニュイティ(continuity)
継続、連続、といった意味の英単語です。

映画やCMのような物も含め、全ての動画は
言い換えれば絵が連続して表示されているものです。
その絵の連続(カット)1つがどのようなものかを
説明するのが絵コンテです。

ちなみに英語では絵コンテの事を「Storyboard」
呼んでいます。

一般的に用いられている絵コンテの手法を確立したのは、
何とあのデ●ズニー!らしいです。
絵コンテ、非常に奥深い・・・。

そんな絵コンテは動画を作成する際の基本的な指針になるわけですが、
主に下記内容を入れるのが一般的です。

「被写体サイズ、構図」
「被写体の動き」
「被写体はカメラのどこから画面に入るか、出るか」
「カメラ自体はどのような動きをするのか、固定かどうか」
「どのくらいの時間(=尺)映しているのか」

被写体は人に限らず、例えば製品も被写体になります。
上記のような内容をイラストで表現したり、またそこに
コメントを追記する等して、絵コンテ(構成案)を作成していきます。

絵コンテの一般的フォーマット

 

絵コンテの内容が固まったら、いよいよ動画制作の開始!
台本作成、撮影や素材集め、編集等を行っていくわけです。

ここまでお話をすると、お分かり頂けてきたかと思いますが、
絵コンテ(構成案)の作成工程というのは非常に重要になってくるわけです。

固まらないうちに制作を開始すると、
あとで変更になる可能性が高くなってしまいますし、
固まって制作を開始してから絵コンテを変更する事になってしまうと、
また振り出しに戻ってしまいます。

絵コンテ、重要なんです。

とても重要な最初の一歩!

 

但しそんな重要な絵コンテを綺麗に作り込むというのは、
普段から動画制作に接していないと、なかなか難しいものです。

パワーポイントで作ろうと思っても、きれいにレイアウト出来ないし、
かといってテキストのみでは、全然伝わらないし・・・。

例えば、ある新製品をPRする為に動画を作りたい!と
メーカーの販促担当の方が思い付いたとしましょう。

でも予算を取ってないから、まずは社内稟議を通さないと・・・
となった際に制作費用(見積もり)だけで通る可能性は低いかと思います。

テキストだけの企画書でも、なかなか意図が伝わらない・・・となるでしょう。

そんな時に!絵コンテ(構成案)もあれば
社内稟議も通りやすくなるのではないでしょうか。

タクトシステムの動画制作なら、
その絵コンテを無料で!お作り致します。

パワーポイントで簡易的に作って頂いた絵コンテを綺麗に直したり、
またはテキストベースの情報から起こしたり、
様々なケースに対応致します。
ご発注前の検討段階でも、もちろんOKです!

重要な絵コンテだからこそ、実績豊富な
弊社の制作スタッフにお任せください。

冒頭にもお伝えしましたが、
動画の活用を検討するなら、今です!

絵コンテがうまく作れないからなぁ・・・や、
外部に絵コンテだけ依頼するのも難しいからなぁ・・・と
考えて動画制作に踏み出せなかったご担当者の皆さま!

是非一度、タクトシステムの動画制作をご検討ください。

動画制作の最初の一歩(且つ重要な一歩)を
タクトシステムが全面的にサポート致します!

 

動画制作のご相談はこちら!

Category

author

BackNumber

2021
2020
2019
2018
2017
2016

TOPへ

Copyright © TACT SYSTEM Co. Ltd. All Rights Reserved.公式サイトへ