2019.09.09 Mon

others

冷や冷やものだったネットマーケティング検定

#資格

author:ビックリベア

お初になります。
ビックリベアです。

先日、㈱サーティファイ主催のネットマーケティング検定を受けてきました。
マーケティング絡みの検定は、プロモーショナル・マーケターとクロスメディアエキスパートを受験済みですが、ネットに特化したマーケティングの試験は初めて受けました。

試験会場は東海大学の高輪キャンパス。
私は都営三田線の白金高輪駅から歩いて行ったのですが、
途中に天神坂という、えげつない坂があり、35度の気温のなか、試験会場に到着する頃には汗だくになってしまいました。

写真では分かりにくいですが、地味に長くて、おじさんにはなかなか辛いです(苦笑)。
JRの品川駅からバスが出ているので、そちらから行った方が楽に行けると思います。

さて、この試験、標準学習時間が15時間とか、資格偏差値40で超簡単とか、合格率が60%を超えているとか、たしかに難しい試験ではないのですが、舐めていると確実に落ちます!

私も完全に舐めきっていて、「市販されている過去問だけやってれば受かるだろ」くらいにしか思っていませんでした。

↑使用した過去問

実際、舐めた状態で試験を受けたのですが、どうにも、スラスラとは解けない感触でした。
試験が終わった後で確認したことですが、この過去問集に掲載されている問題は第6回から第9回のもの。
今回、受験したのは第15回。
そうです。過去問集に掲載されている実施回からだいぶ年月が経過しており、問題の傾向が変わってしまっていたのです!

これは、「やられたなあ~」という感じでした。
現在、販売されている最新の過去問集なので、直近の問題が掲載されていると思い込んで、回数の確認を怠っていました。
実は、直近の過去問に関してはサーティファイのWebに掲載されていることを試験後に知りました(アホですね)!

意気消沈しながら、自己採点をした結果、合格か落ちたかギリギリのところ。
結果は73点で何とか事なきを得ましたが、いろいろと反省すべき点が残りました。
ちなみに、問題数は40問で、全ての問題が同一配点では無いようです。
同一配点では無いことと、ひょっとしたら傾斜配点も行われているかもしれません。

今後、受験される方は、市販されている過去問集に加え、サーティファイのWebにある直近の過去問集を必ず解いておくこと、また、公式テキスト著者のコラムを確認しておくことをお薦めいたします。コラムについては、以下をご参照ください。
https://www.sikaku.gr.jp/nm/prepare/column.html

受験を通じて感じたことですが、学習の内容自体は、とても興味深いものでした。楽しく勉強できたと思います。SEOでソーシャルシグナルが重要になってきていることなどは、この資格の勉強をしなければ知らないことでした。ネットマーケティングについて、あまり小難しくならない程度に網羅的な勉強するにはお薦めの資格試験だと思います。

Category

author

BackNumber

2019
2018
2017
2016

TOPへ

Copyright © TACT SYSTEM Co. Ltd. All Rights Reserved.公式サイトへ