2019.08.22 Thu

design

JAGAT クロスメディアエキスパートの攻略 ACT.1

#資格

author:TA☆KE

はじめまして。
デザイナーのTA☆KEです。

だいぶ時間が経過しましたが、日本印刷技術協会JAGATのクロスメディアエキスパートという資格試験を受験し、なんとか合格したのでその経路、自分なりの攻略法をここへ書き記したいと思います。

3部構成の予定です。次回受ける方への参考になればと!

※記述の仕様が28期より変わります。私が受けた27期はフリーフォーマットでした。注意!

 

動機

JAGATさんの「DTPエキスパート」を取得した後、
合格の余韻に浸りながら飲んだ「お祝い会」で
「DTPの次はクロスメディアでしょ〜」とテキトー言ってしまったのが始まり。
しかし、この時はよくわかってなかった(笑)
かなり難しい事は聞いていたが、ここは自分への挑戦として受けてみようかなと我を奮い立たせました。幸いにも弊社には二人合格者がいますからね。攻略の術は聞けます。

 

スケジュール引きと心意気

手描きで汚くてスミマセン。下記のガントチャートをご確認下さい・・・
※ちなみにコレ、実際最初に描いたメモです

 

手描きガントチャート

ガントチャートってこの試験で初めて知った

 

ザックリとスケジュールを引いてこれにのっかり本番まで突っ走ります。
よしやるぞ!
と意気込んだ次の日にインフルにかかり意気消沈(笑)
ガンプラ作ったり、ナウシカ全巻見たりで全然勉強しませんでした。
皆様、体調管理はしっかりと!

 

とりあえず筆記を完璧に

クロスメディアエキスパートの試験はマークシートの筆記と提案記述になります。
記述は後回しにして、とりあえずマークシートの筆記にとりかかる!
JAGATの公式にあった本をで3回通しで読む。

わからない所はスマホで調べる。
本はこちらで購入できます。

本をテキトーに読み終えたら、ひたすら過去問をやります。

 

図書館勉強室

近所の図書館勉強室。ここに籠ってひたすら勉強。

 

弊社に先代受験した方々の遺産(過去問)があったので(10期分くらい?)
それを80点くらいとれるまで繰り返し解きます。10期分×2ターン。
最初は解らない所はスマホで調べて「おお〜なるほどね〜」と知識を蓄えていくのですが、
慣れると問題最初のワンフレーズ読むだけで答えが出てきます(笑)
それだけ何度も何度も繰り返し問題を解く。
満点近くまで取れるようになると、その頃にはちゃんと意味をアウトプットできるはず。
そうじゃないと後の「記述」に全く歯が立たない事になる。
マークシートの問題が350問と非常に多いので、死角がなくなるまで過去問をやって下さい(DTPエキスパートは700問!)

あ!クドいようですが意味が解らなかったらスマホや本で調べてね!

 

勉強ノート

字が汚いけどひたすら書いて覚えます。

 

話が長くなったので、今回はここまで!
次回は記述勉強へと入って行きますよ〜
冒頭でも述べましたが、どなたかの参考になれば幸いです。
次回へつづく・・・・

Category

author

BackNumber

2019
2018
2017
2016

TOPへ

Copyright © TACT SYSTEM Co. Ltd. All Rights Reserved.公式サイトへ