2019.10.28 MonNEW

動画制作

私と映画とライブ

#映像, #音楽, #ライブ, #映画, #動画

author:うらら


こんにちは!

酒は飲んでも呑まれるな、二度目の登場うららです。
最近めっきり秋模様になってきましたね。

毎日お仕事終わりの帰り道にふわっと漂う金木犀の香りは
なんだかグッとくるものがあり、私はとっても好きです。
好きすぎて金木犀の香りのハンドクリーム買っちゃいました。。。
今年は特に台風の影響が著しく、お天気も不安定な日が続いていますね。
(ちなみに今回のサムネイルは会社の屋上から撮影した一枚です。天才。)

今回はそんなお天気に因み、現在絶賛公開中の映画天気の子と、
私の最愛にして最強のバンド、RADWIMPSのお話をしたいと思います!

うらら、野外ライブに降臨



実は少し前、RADWIMPSのスタジアムライブに行ってきました。

ライブは毎回参戦している私ですが、
今回は初めての大きいスタジアムでの野外ライブとあって
お天気が大変重要になってくるわけです。
そして不運なことに開場待ちの間はあいにくの雨…
カッパが必須かなあ、なんて少し落ち込み気味でした。

ところが開演間もなくして空に晴れ間が…!!
「やっぱり俺たちには『天気の子』がついてるんだね。」
と、ボーカルの野田洋次郎さんがひとこと。
ここで『天気の子』のテーマである『愛にできることはまだあるかい』を披露し、
もう会場は歓声の嵐!!!とにかく素晴らしいライブでした。
まだまだ余韻がぬけません。。。

映像と音楽が共同する力

私が痛感したのは音楽と映像の切っても切れない密接な関係についてです。
新海誠監督は学生時代から尊敬している映画監督でした。
その新海誠監督の映画に大好きなバンドが楽曲を提供するなんて
おいしすぎるコラボレーションに映画は当然公開日に見に行ってしまいました。
映画『君の名は。』に続き、二度目の共作の『天気の子』も、
音楽が映画をより人々に印象付け、映画が音楽を引き立てる、
そういった相乗効果があると感じました。
音楽や効果音無しには映像は成り立たないし、映像があることで
音楽という耳でしか感じられなかったものが、目に見えるものとして彩りを持つ。

今回のライブも、映画『天気の子』があってこそ、
お天気に恵まれたあの会場で、人々が共感し、感動を生み出しました。
今はいつでもスマートフォンで動画が見れる時代です。
音楽と映像の関係性に深みを持たせてこそ、
人々に何かを伝える幅がぐっと広がるのではないかと私は思いました。


さて、長くなりましたが、ここまで読んで頂いた方、ありがとうございます。

私はもちろんライブの前にビール500mlしっかりキメてから参戦したので
興奮割増しはしゃぎすぎで次の日思いっきりダウンしました!!
ただとにかく楽しいしクセになるので飲んでからライブに行くのはやめられません!!

 

また次回お会いしましょう。押忍!

Category

author

BackNumber

2019
2018
2017
2016

TOPへ

Copyright © TACT SYSTEM Co. Ltd. All Rights Reserved.公式サイトへ