AppleScript開発ならお任せ下さい

複数ページにわたるフォント修正、ピクト修正、色変更
全ページにかかわるフォーマット修正、
納期が迫る中での索引ワード抽出、
数千ページのPDF書き出し、プリント出し
数万ファイルのリネーム、選別処理
人、時間、予算が無い中での膨大な作業にお困りですか?

弊社は自社開発のAppleScriptにより
多くの時間、人数をかけなければならないような膨大な作業を
短時間で正確に自動処理いたします。

Scriptダウンロード

作業時間短縮に役立つ便利なスクリプトを、こちらでダウンロードできます。
推奨動作環境、対象アプリケーションにご注意の上ご利用ください。

タクトシステムブログ

タクトシステムが開発したスクリプトの裏話や、
その他様々なお役立ち情報プログラムです。

具体例① InDesignの表組で同じ項目のセルを結合する

手作業に比べて60分1

3000分

50分

  • ・1ページあたりの表の数…2
  • ・作業ページ数…500(ページ)として
  • 手動作業 2×3(分)×500=3000(分)=50時間
  • Script処理 2×3(秒)×500=3000(秒)=50分
  • 3000(秒)÷3000(分)=1/60

具体例② InDesignの表組で列を入れ替える

手作業に比べて300分1

83時間

16分

  • ・1ページあたりの表の数…2
  • ・作業ページ数…500(ページ)として
  • 手動作業 2×5(分)×500=5000(分)≒83時間20分
  • Script処理 2×1(秒)×500=1000(秒)≒16分40秒
  • 1000(秒)÷5000(分)=1/300

具体例③ 企業年鑑の自動組版

手作業に比べて60分1

100時間

1時間40分

  • ・作業ページ…600として
  • 手動作業 10(分)×600=6000(分)=100時間
  • Script処理 10(秒)×600=6000(秒)=1時間40分
  • 6000(秒)÷6000(分)=1/60

AppleScriptとは?

「AppleScript」とは米Apple社によって作成されたスクリプト言語です。Mac OS X上で
ユーザー自身がアプリケーションをコントロールするプログラムを作成することによって
繰り返しの作業や複雑なワークフローに効率的な処理を行うことが可能です。

AppleScriptを活用した作業例一覧

実際にMac OS XのアプリケーションをAppleScriptで自動化した作業例です。
いずれもDTPやカタログ制作において作業効率が飛躍的にアップしました。
(サムネイルにマウスカーソルをかざすと動画が始まります)

自動修正

一定のルールに従い変更・修正作業を自動で行うことができます。

InDesign上でリフローしたテキストに対し
長体をかける。

テキストがあふれているフレームまたはセルに対しテキストが収まるまで長体をかけます。選択範囲のテキストを見た目一行に収めることも可能です。

詳細はこちら

InDesignの表組で同じ内容のセルを結合する。

となり合うセル内のテキストが同じであればひとつのセルに結合します。設定変更により縦もしくは横どちらでも結合することが可能です。

詳細はこちら

Illustratorでテキストの検索置換/
フォント置換をする。

半角カナ→全角カナ、数字→丸数字など(あらかじめ作成した検索リストをもとに)Illustrator上のテキストを置換します。フォントを変更することも可能です。

詳細はこちら

消費税の総額表示を計算し変換する。

消費税の総額表示において旧税率の価格から新税率の価格へ変換します。「¥」や「円」の表記の区別や「税込/税抜」の表示位置を設定することが可能です。

詳細はこちら

自動組版

大量のリストやデータベースから定型フォーマットの組版を自動で作成できます。

データベースからコマデータを作成→Excelの割付リストをもとにコマデータを配置する。

ご支給いただいたCSVやExcelデータをもとにデータベースを作成し、1商品(1レコード)ごとのコマデータを作成します。コマデータ完成後、Excelの割付リストをもとに指定された場所にコマデータを配置し、ページを組み上げます。コマデータのサイズ違いが存在する場合でも大きさに応じて位置を判別し配置します。

詳細はこちら



一括処理

複数ファイルに対する繰り返し処理を一括で処理することができます。

大量のInDesignドキュメントからPDFを作成する。

ファイルを開く→PDF書き出し→閉じるの繰り返し作業を自動で処理します。ダイアログを回避したりエラーログを書き出すことも可能。印刷・パッケージ・PS書き出しもあります。

詳細はこちら

Excelリストをもとに大量のファイル名を変更する。

Excel上の元ファイル名、新ファイル名のリストをもとに、ファイル名称を一括で変更します。名称を変更した後、ファイルを指定のフォルダに移動することも可能です。

詳細はこちら

InDesignからページ数と文字列を抽出し
テキストに書き出す。

段落・文字スタイルで指定した文字列をページごとに抽出しタブ区切りテキストとして書き出します。Excelで開いて編集したり目次や索引用リストとしての活用が可能です。

詳細はこちら

Illustratorドキュメントの配置画像を
収集(パッケージ)。

ドラッグ&ドロップでIllustratorドキュメントの配置画像を指定フォルダへコピーします。ドキュメント内のメタデータを読み取って処理しているのでIllustratorは使用しません。

詳細はこちら

クリップボードの書式付きテキストを
プレーンテキストに変換。

クリップボードへコピーされた書体・サイズなどのスタイルを持つ書式付きテキストをクリップボード内でプレーンテキストに変換します。

詳細はこちら

Wordドキュメントをテキスト形式に変換する。

Wordのファイル(「.doc」「.docx」)をドラッグ&ドロップでテキスト形式(「.txt」)に変換します。Wordがインストールされていない環境でも利用できます。

詳細はこちら

一連の流れ作業が自動化・効率化される

作業時間短縮=コストダウンが可能に

開発承ります。

上記の例は一例です。
弊社ではその他にも自動化と効率化につながる様々なスクリプトを作成しています。
DTP以外でもMac OSにはAppleScriptに対応するアプリケーションが多数ありますので
目的・要望に沿った自由度の高いスクリプト開発も可能です。
または複数アプリケーションをスクリプトで組み合わせて処理し
大量ページの組版を作成することも可能です。
実際に弊社で活用した事例紹介や作成したスクリプトを掲載していますのでぜひご覧ください。
工夫とアイデア次第で可能性が拡がるのではないでしょうか。
開発依頼お待ちしております。

Scriptダウンロード

作業時間短縮に役立つ便利なスクリプトを、こちらでダウンロードできます。
推奨動作環境、対象アプリケーションにご注意の上ご利用ください。

DTPデザイン・印刷・校閲・AR作成・電子カタログ…

どんなことでもお気軽にタクトシステムにご相談ください

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日9:00~18:00

03-3200-0490 担当:清水

Apple、Mac OSは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
Adobe、Adobe PDF、Adobe Illustrator、Adobe InDesignは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
Microsoft、Windows、Excel、Word は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。その他、本サイトに記載されている商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。